六本木で日本政策金融公庫などの融資申請のお問い合わせはこちらからどうぞ
創業期には専門家を活用した日本政策金融公庫の融資申請がおすすめ!
トップページ > QA > 個人事業から新会社へ移行するには

個人事業から新会社へ移行するには

Q.現在個人で事業を行っていますが、会社設立を考えており、個人事業の資産・負債を新しく設立する会社に移行したいと考えています。その際、会計上はどのような処理が必要でしょうか? A.会社設立をする場合で、個人事業の資産や負債を会社へ引き継ぐときには、原則として時価で引き継ぎます。帳簿価額ではないので注意が必要です。 会社設立時の帳簿価額が時価よりも高い場合は、会社はその時価を取得価額としますので、時価を超えている部分の金額は会社においては考慮されません。また、引継額が時価よりも低い場合は、帳簿価額が出資額とされます。  また、会社設立後に時価の50%以下の価額で個人資産を買い取る場合、時価で取引があったものとみなされます。

 

お問い合わせはコチラ

icon 電話番号00-0000-0000 icon FAX00-0000-0000
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る